横浜市野毛山地区の動物園、図書館を改修 新たに障がい児者支援拠点も整備

凸凹村管理人

横浜市が発表した「のげやまインクルーシブ構想」では、野毛山動物園・公園および中央図書館のリニューアルが進むとともに、新たな障がい児者支援拠点が整備される計画が明らかにされました。この構想は、2024年度中に先行整備が完了する見込みです。

障がいの有無や世代を超えて楽しめるエリアに

市は、誰もが学び、楽しみ、交流し、理解しあえるインクルーシブなまちづくりを目指し、動物園、中央図書館、障がい者支援拠点が連携することで、障がいの有無や世代を超えて楽しめるエリアに生まれ変わるとしています。

野毛山地区は教育や体験施設が集まり、市民に長く愛されてきた場所ですが、坂や階段が多く、車いすやベビーカーでの利用が困難であり、施設の老朽化も課題とされていました。今回の改修ではバリアフリー化を図り、誰もが訪れやすく、利用しやすい環境づくりが進められる予定です。

さらに、最寄りの桜木町駅、日ノ出町駅周辺から地区へのアクセス環境が改善され、都心臨海部との回遊性向上、横浜全体の魅力向上にもつながる見通しとなっています。

親子で楽しめる空間も

24年度予算案には、「のげやまインクルーシブ構想」の推進として、4億3千万円が計上されており、ふれあいコーナーの屋根の設置と屋内休憩棟の整備が完了する予定です。これにより、天候に左右されずに動物と触れ合ったり、観察の間に親子で快適に休憩できる環境が整備されます。

中央図書館は1階を「のげやま子ども図書館」に改修します。24年度中には、現在のレストランフロアを改修し、「安心・楽しい親子フロア」を整備する予定です。ここでは、寝転がったり床に座って読み聞かせができるなど、親子連れや子どもにとって居心地が良く、楽しく学べる環境づくりを目指しています。

動物園や図書館の近くに障がい者支援拠点が整備されるのは初めて

障がい者支援拠点は、図書館の並びにある旧青少年交流センター跡地に28年度までに整備されます。横浜市は多機能型拠点として、医療的ケアが必要な重症心身障がい児者と家族の暮らしを包括的に支援します。

動物園や図書館の近くに障がい者支援拠点が整備されるのは初めてであり、ゆくゆくは動物園や図書館による障がい児者支援拠点への出張体験イベントの実施や、重症心身障がい者が外出余暇活動ができるような環境整備も進められる予定です。

入場料無料

野毛山動物園に新設される「ズーペリエンタ!センター」は、展示のすぐそばに岩場などの動物の生活環境を模した空間や遊具が整備された屋内施設です。遊びながら人と動物の身体的な構造や生態の違い、共通点が体感できます。28年度中に整備が完了し、他にも動物と触れ合えるエリアの充実やレストランの改修などが順次進められます。また、入園料は無料を継続する予定です。

インクルーシブな街づくり:誰もが参加し、誰もが受け入れられる社会の実現

近年、都市開発の中で注目されているのが「インクルーシブな街づくり」です。これは、障がいの有無や年齢、性別、人種などに関わらず、あらゆる人々が参加し、安心して生活できる街を実現することを目指す概念です。インクルーシブな街づくりは、社会的な包摂性や共生性を高め、持続可能な都市の実現に向けた重要な取り組みとなっています。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会