発達障がいは「脳の特性」重要なのは対応:「疲れやすい」のはカモフラージュするから?

凸凹村管理人

専門家の間では、発達障がいのメカニズムや適切な診断・治療方法についてさまざまな意見があります。しかし、最近の研究や記事では、発達障がいを持つ人々がそれを克服し、仕事上の武器に変える方法についても注目されています。

この記事では、発達障がいの症状や診断、支援についてだけでなく、発達障がいを持つ人々が仕事で成功する方法についても探っていきます。専門家のアドバイスや最新の研究成果を通じて、発達障がいを持つ人々が自己実現を果たし、社会で活躍するための道筋を示していきます。

発達障がいの主な種類

発達障がいの主な種類には、「自閉症スペクトラム障がい(ASD)」「注意欠陥多動性障がい(ADHD)」「学習障がい(LD)」があり、これらは外見からは分かりにくいことが多いです。そのため、周囲の人々や本人自身が気づかないこともあります。

生まれつきの脳機能の偏り

発達障がいは、子どもの成長過程に深刻な影響を与える可能性があります。これらの障がいは、生まれつきの脳機能の偏りによって引き起こされ、コミュニケーションや対人関係の困難、注意力や集中力の欠如、学習や運動の困難などの症状が現れることが一般的です。

カモフラージュするから疲れる?

発達障がいを持つ人が疲れやすい理由の一つに、カモフラージュという概念が挙げられます。発達障がいは、外部からは見えにくい場合があります。

例えば、一般的な社交シーンでの適応や、日常的な振る舞いにおいて、彼らが持つ困難や違和感は外部からはなかなか理解されにくいことがあります。そのため、周囲と同じような行動や振る舞いをすることで、自らの発達障がいをカモフラージュしようとする傾向があります。

しかし、そのようなカモフラージュは彼らにとって非常にエネルギーを消耗するものであり、結果として疲れやすさを引き起こすことにつながります。

非常にエネルギーを消耗する

自らの発達障がいを隠すために、周囲と同じような振る舞いをすることがあります。例えば、「人付き合いが苦手」という症状がある場合、社交的な場面で一生懸命振る舞うことで、自らの障がいをカモフラージュしようとするのです。しかし、このような行動は彼らにとって非常にエネルギーを消耗するものであり、結果として疲れやすくなります。

発達障がいが重なると問題が複雑化

さらに、発達障がいが重なると、問題が複雑化します。例えば、自閉症スペクトラム障がい(ASD)と注意欠陥多動性障がい(ADHD)が重なるケースがあります。ASDとADHDはそれぞれ異なる特性を持ちますが、重なることで相互に影響し合い、日常生活や社会での適応にさらなる困難をもたらす可能性があります。

ASDの場合、対人関係が苦手であることが特徴ですが、ADHDの場合は注意力や衝動性の問題があります。両方が重なると、社会的な関係性を築くことが難しくなるだけでなく、集中力を保つことも難しくなります。

症状同士が相互に干渉し合うことで疲労感が増幅

さらに、症状同士が相互に干渉し合うことで、疲労感が増幅されることがあります。例えば、ASDとADHDが重なる場合、対人関係やコミュニケーションの苦手さと、注意力や衝動性の問題が相まって、日常生活のストレスが増大し、疲れやすさが増す可能性があります。このように、複数の発達障がいが同時に存在する場合、それらの症状が相互に影響し合うことで、疲れやすさがさらに強調されることがあるのです。

ストレスや疲労を感じやすくなる

このような理由から、発達障がいの人々は日常生活において疲れやすい傾向があります。彼らは、カモフラージュや障がい同士の相互作用によって、より大きなエネルギーを消費し、ストレスや疲労を感じやすくなります。

したがって、発達障がいを持つ人々が疲れやすい理由には、カモフラージュによるエネルギー消耗や、複数の発達障がいが重なることによる相互作用が挙げられます。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会