天才とは発達障がいのことだった?「自閉スペクトラム症」と「ADHD」新たな視点からの考察

凸凹村管理人

近年、天才性と発達障害との間には興味深い関連があるという見方が広がっています。特に、「自閉スペクトラム症」と「ADHD」という2つの発達障害に関連する特性が、いわゆる天才にも見られるのではないかという仮説が浮上しています。

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症について考えてみましょう。この精神疾患の診断基準には、子どもの頃から「社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的な欠陥」という特徴があります。これを分かりやすく説明すると、以下の3つの点が挙げられます。

  • 他者との関わりが苦手

自閉スペクトラム症者は情緒的な交流が難しく、他者との関わり方が異常であったり、会話が自然でなかったりすることがあります。感情や興味を共有することが難しく、他者との理解が不足していると言えます。

  • 非言語コミュニケーションが苦手

非言語のコミュニケーションが苦手であり、視線を合わせられなかったり、顔の表情が異常であったりすることがあります。身振りや表情の範囲が独特であることも特徴的です。

  • 人間関係を築くのが苦手

人間関係を発展させるのが難しく、友人を作りにくいことがあります。他者理解や想像力を共有する遊びが苦手であるため、社会的な関係性を築くことが難しいのです。

コミュニケーションの問題を抱えることも

自閉スペクトラム症者は、自己完結的な言動が目立つことがあります。彼らは「その場の空気」を読み取ることが苦手であり、他者と容易に同調することが難しい場合があります。また、冗談の理解やユーモアの操り方が独特であり、創作物には特徴的な奇妙さが見られることもあります。このような特性から、自閉スペクトラム症者は時に他者との意思疎通が難しくなり、パートナーとの間でコミュニケーションの問題を抱えることもあります。

適応しづらいようにみなされがち

このように、自閉スペクトラム症の特性は、一見すると一般的な社会生活に適応しづらいものと見なされがちですが、その背後には驚くべき才能や能力が秘められている可能性があります。この視点から、天才性と自閉スペクトラム症との関連性を新たな角度から考えることが重要であり、今後の研究や支援活動においても注目されるべきでしょう。

自閉スペクトラム症と「こだわり」の関係:独自の感覚世界

自閉スペクトラム症には、他者と異なる独自の特性があります。その中でも、特に注目すべきなのが「こだわり」と呼ばれる特性です。自閉スペクトラム症者は、限定された興味関心や行動を反復し、特定の対象や感覚に強い愛着を示す傾向があります。ここでは、「こだわり」の特性について、簡潔に紹介しましょう。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会