木下優樹菜さんが発症した「睡眠障がい」とは?症状と対処法は?

凸凹村管理人

木下優樹菜さん(36)は、睡眠障がいに悩まされていることを報告しました。

Instagramでは、プロサッカー選手・三幸秀稔(30)が韓国チームへの移籍が決まったため、その見送りの様子を投稿していました。木下さんは、長女・莉々菜さんと次女・茉叶菜さんと三幸選手が別れを惜しむ姿を共有しました。

約1カ月後の2月11日には、親子3人で韓国に滞在中の三幸選手の写真を投稿し、17日には別れ際にハグをする2人の写真を共有しました。

「寝たいです」と苦しい様子を投稿

21日の午前2時頃には、ストーリーズで睡眠障がいに苦しむことを告白しました。「8時半から、次女とベッドにいて、一睡も出来ないの、ちぬ。体疲れてんのに、脳が活性化状態で、目をつぶっても、覚醒状態でお腹すいた。どうにかしたい。睡眠障がい、再到来。お願い寝たいです。」

その後、午前6時35分には、莉々菜さんと茉叶菜さんに作ったお弁当を披露しました。さらに、「朝はすぐ来るのでとりあえずルーティンかます(寝たい)きょうをイキオイだけで乗り切ろーっと」「#睡眠障がい」とランニングマシンで運動中の動画を投稿しました。

睡眠障がいとは?

睡眠は健康と幸福に不可欠な要素であり、質の高い睡眠は体と心のリフレッシュに欠かせません。しかし、現代社会では忙しい生活やストレス、デジタルデバイスの普及などが、多くの人々に睡眠障がいをもたらしています。睡眠障がいは、個人の日常生活や健康に深刻な影響を与える可能性があります。

睡眠障がいの深刻さ

睡眠障がいは、体の機能や心理的健康に大きな影響を及ぼす可能性があります。十分な睡眠を得られないことで、日中の注意力や集中力が低下し、仕事や学業に支障をきたすことがあります。また、持続的な睡眠不足は免疫機能の低下やストレス耐性の低下につながり、様々な健康問題を引き起こす恐れがあります。

睡眠障がいの背景

睡眠障がいの背景には、さまざまな要因が関与しています。ストレスや不安、不規則な生活習慣、環境の変化、身体的な疾患、精神的な健康問題などが挙げられます。これらの要因が組み合わさることで、睡眠障がいが発症しやすくなる傾向があります。

睡眠障がいの管理方法

睡眠障がいを管理するためには、まず原因を特定し、それに対する適切な対策を講じることが重要です。健康的な生活習慣の確立、ストレス管理、睡眠環境の改善、規則正しい睡眠スケジュールの確保などが有効な方法です。また、場合によっては専門家の助言を受けることも重要です

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会