肢体不自由とは?車椅子、手足のマヒに関する疑問のアレコレ part2

凸凹村管理人

この記事では、肢体不自由に関する疑問に焦点を当て、日常生活や社会参加における様々な課題に対する解決策やサポート方法について、具体的な事例やアドバイスを挙げています。さまざまな状況やニーズに応じた支援のあり方を探りながら、より包括的な理解と共に、より支え合いの社会を目指します。

車いすに乗っている人は、どうやって体重を量るの?

車いすに乗ったまま体重を計測し、その後車いすの重さを引くことで、正確な体重を求める方法が一般的です。これは、車いすユーザーが簡便に体重を測定するための手段の一つです。

リハビリ病院や福祉施設では、車いすユーザー専用の体重計が用意されていることがあります。これらの施設では、正確な体重管理や健康状態のモニタリングが重要視されています。

自宅でも手軽に体重管理を行うことができるように

近年では、小型で簡単に乗れる家庭用の体重計も増えており、家庭でも車いすに乗ったまま体重を測定することができるようになってきました。これにより、車いすユーザーは自宅でも手軽に体重管理を行うことができます。また、インターネットショッピングなどを通じて、家庭用の体重計を購入する人も増えています。

これらの進展は、車いすユーザーが健康状態を管理し、適切なケアを行うための手段を提供するものです。

車いすに乗っている人でもお店で服の試着はできるの?

トップスなどの服は体に当てたり羽織ったりすることで比較的簡単に選ぶことができますが、ボトムスは脱ぎ履きが一人で行いにくい場合があります。特に車いすユーザーの場合、試着室が車いすに対応していないお店が多いため、試着が困難な場合があります。

そのため、自分のウエストや股下の長さなどの身体のサイズを把握し、それに基づいて購入することが一般的です。また、オンラインショッピングやカタログ注文などを利用して、自宅で試着やサイズの確認を行うことも一つの方法です。

バリアフリーな環境を整えることがまだ不十分

しかし、車いすに乗ったままで入れる試着室を設けるお店はまだまだ少ないのが現状です。これは、バリアフリーな環境を整えることがまだ不十分であることを示しています。今後は、車いすユーザーも快適に試着ができる環境が整備されることを期待したいところです。

電動車いすで走行中にバッテリーが切れたらどうするの?

電動車いすで走行中にバッテリーが切れた場合、まずは予備のバッテリーに切り替えるか、介助者に押してもらうことが一般的です。バッテリーが切れると、通常はピピピピッ!という警告音が鳴りますので、その際は迅速に対処する必要があります。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会