摂食障がいを公表した遠野なぎこさん「お薬でもどうにもならない」治療が難しく克服には時間と専門的な支援が必要

凸凹村管理人

遠野なぎこ(44)さんが、10代から摂食障がいに苦しんできたことを公表しました。Instagramで自身の体調について報告してきた彼女は、最近「自分でも、お薬でもどうにもならない」という新たな“病”を明かしました。

過食嘔吐の症状

1月7日には、年が明けてすぐに体調不良になり、食事ができない状態に陥ったことを投稿しています。その後、体調が徐々に回復してきたと思われていましたが、2月15日の更新では「『久しぶりの“症状”』出てしまった。何カ月ぶりだろう。“過食嘔吐”。ずっーと治っていたのに。」と、複雑な気持ちを吐露しました。

自分でもお薬でもどうにもならない

25日には、「『“寂しがりが止まらない” 』。仕事があっても。彼氏がいても。いつも何かが満たされない。“寂しがり”という名の病。自分でも、お薬でもどうにもならない。ツラい。」と新たな“病”を告白しました。

さらに、「思い出せるのは、愛おしいあのどうしようもない感情と優しい温もりだけ。」と、飼っていたペットとの思い出を振り返り、「ちょっぴり苦しい夜です。手をつないでいようね。」とコメントしています。

ファンから多くの励ましの声

この投稿には、ファンから多くの励ましの声が寄せられています。「私も同じく寂しがりです。つらいですよね」「なぎちゃんは大切な人です。そのままのなぎちゃんでいいのです」といった声が、遠野なぎこさんを支える一助となっています。

心の闘いと理解を求める

摂食障がいは、食べることに関する心理的な問題であり、その影響は身体的な健康に及びます。

この問題は、食べる量を極端に減らす拒食症、食べ過ぎてからの嘔吐や過剰な運動を行う過食症、またはこれらの症状が混在する過食嘔吐症などの形で現れます。

女優の遠野なぎこさん(44)が自身の長年にわたる摂食障がいについて公表し、その厳しい現実を告白したことで、この問題に対する理解が深まりました。

遠野さんの勇気ある行動は、摂食障がいに対する社会的な認識を高め、患者が適切な支援を受けられるようになる可能性があります。

また、摂食障がいに対する偏見や誤解を減らすことで、患者が安心して相談できる環境が整うことも期待されます。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会