精神障がい・内部障がいとは?感覚過敏の症状のある人は、人が多く集まる場所は苦手?気になるアレコレ

凸凹村管理人

身体と心の健康は、個々の生活の質や幸福感に深く関わる要素です。しかし、内部障がいや精神障がいといった様々な障がいが、その健康を脅かす可能性があります。これらの障がいを持つ人々が充実した生活を送るためには、私たちの理解と支援が欠かせません。

内部障がいとはどの様な障がいですか?

内部障がいは、身体の内臓機能に障がいがある状態を指します。身体障がい者福祉法では、「心臓機能障がい」「腎臓機能障がい」「ぼうこう・直腸機能障がい」「呼吸器機能障がい」「小腸機能障がい」「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫機能障がい」「肝機能障がい」の7種類の機能障がいが定められています。

厳しい食事制限や人工透析などの治療が必要な場合がある

これらの障がいには、厳しい食事制限や人工透析などの治療が必要な場合があります。また、慢性的な倦怠感や疲労感に悩まされることもあります。一方で、外見からは障がいが分かりにくいため、周囲の理解を得るのが難しい場合もあります。そのため、内部障がいを持つ人々は心理的な苦痛を抱えることがあります。

このような状況下で、周囲の理解とサポートが重要です。また、内部障がいを持つ人々が生活の質を向上させるためには、適切な医療と社会的な支援が不可欠です。

精神障がいとはどの様な障がいですか?

精神障がいとは、精神疾患により日常生活や社会生活に制約が生じる状態を指します。精神障がいにはさまざまな種類がありますが、その症状や影響は個々に異なります。以下に代表的な精神障がいの一例を挙げます。

  • 統合失調症:幻覚や妄想、意欲の減退などの症状が見られます。
  • 気分障がい:うつ病や躁うつ病(双極性障がい)などが含まれ、気分の変動が大きく日常生活に影響を与えます。
  • 中毒性精神病:アルコールや薬物の依存症など、中毒による精神的影響が見られます。
  • 神経症性障がい:パニック障がいや強迫性障がいなど、心的ストレスに起因する症状が現れます。
  • 発達障がい:学習障がい、自閉症、ADHDなど、発達段階における症状の異常が見られます。

これらの精神障がいは、個々の症状や状況に応じて、適切なサポートや治療が必要とされます。早期の診断と適切な介入が、患者の生活の質を改善し、社会参加を促進する上で重要です。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会