シソンヌとMrs. GREEN APPLEのメンバーが発表した突発性難聴とは?

凸凹村管理人

人気お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍さんと、NHK紅白歌合戦に出場したバンド「Mrs. GREEN APPLE」のボーカル大森元貴さんが突発性難聴であることを発表したニュースは、多くのファンや関係者に衝撃を与えました。本記事では突発性難聴の症状や発症の特徴について解説します。

突然の聴覚喪失:突発性難聴の急性症状

突発性難聴は、その名の通り、突然片方の耳(時には両方)が聞こえなくなる疾患です。突然、明け方に目が覚めてみると、昨日まで普通に聞こえていたはずの音が、なぜか聞こえなくなっている―そんな驚くべき状況に直面することがあります。この急性症状は患者に深刻な衝撃を与え、生活の質に大きな影響を及ぼします。

警告音も聞こえなくなるため危険

何の前触れもなく突如として起こるこの症状は、患者やその周囲にとって非常に恐ろしいものです。突然失われた聴覚は、日常生活におけるコミュニケーションや安全に大きな障がいをもたらします。例えば、家族や同僚との会話が困難になり、交通や作業現場などの騒音からの警告音が聞こえなくなることで、危険にさらされる可能性もあります。

心理的な負担

この突発的な聴覚喪失は、患者にとって心理的な負担も大きいです。過去の健康状態から突然の障がいに直面することで、不安や絶望感が増大し、精神的な苦痛を引き起こすことがあります。また、突発性難聴が治療の対象となるまでの間、不確定性と不安定性が続くことで、患者とその家族のストレスはさらに高まります。

このような急性症状に対する早期の適切な対処と情報提供が、患者やその家族の心の支えとなります。医療従事者の的確なケアと、専門的なアドバイスが重要です。

年齢と症状:突発性難聴の発症パターン

突発性難聴は、幅広い年齢層で見られる病気ですが、特に40歳から60歳の世代にその発症が多い傾向があります。この年齢層では、生活スタイルや健康状態の変化が重なり、突発性難聴のリスクが高まる可能性があります。

前兆症状

耳の聴覚が失われる前に、突発性難聴に関連する症状が現れることもあります。そのような前兆症状として、耳が詰まった感じや耳鳴りが挙げられます。これらの症状は、通常、突然の聴覚喪失の数日から数週間前に出現することがあります。患者は耳の中に異常を感じ、耳鳴りや響きが耳に残るような状態になります。また、めまいや吐き気などの内耳の問題に関連する症状も発生する可能性があります

早めの医療診断が重要

これらの症状は、突発性難聴が発症する前に身体が何らかの異常を示すサインとして機能することがあります。そのため、これらの症状が現れた場合、早めの医療診断が重要です。耳鼻咽喉科の専門家による検査や診断を受けることで、適切な治療や管理が行われる可能性が高まります。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会