「軽度認知障がい(MCI)」と「アルツハイマー病」診断と治療の鍵:アルツハイマー病の予兆か、回復の可能性か?

凸凹村管理人

脳の奥深くに潜む謎めいた状態、それが軽度認知障がい(MCI)です。日常生活にわずかな影響を及ぼす物忘れや思考の曖昧さ、その先にはアルツハイマー病の影が忍び寄っているのでしょうか?それとも、MCIからの脱出は可能なのか?私たちはこの神秘的な状態に迫り、その解決策を模索していきます。

軽度認知障がい(MCI)への関心の高まり

軽度認知障がい(MCI)への関心が高まっています。アルツハイマー病に対する新薬「レカネマブ」の登場が、MCIの治療や早期診断についての研究を加速させています。MCIは、認知症と正常な状態の中間に位置し、その特徴を正しく理解することがますます重要とされています。

MCIの特徴に関する誤解

MCIの特徴に関する誤解の一つは、MCIになった人が正常な状態に戻ることはないという点です。しかし、実際には、脳の認知機能が低下しているにもかかわらず、自立した生活を維持できる場合もあります。物忘れや迷子になるなどの症状が現れても、個々の対処法や周囲の支援によって生活を送ることが可能です。

MCIの診断基準

MCIの診断基準には、年齢や教育レベルだけでは説明できない記憶障がい、本人または家族の物忘れの訴え、全般的な認知機能の正常範囲、日常生活動作の自立などが含まれます。

自覚症状がある場合でも、ヒントで思い出せる場合は加齢による自然現象として考えられ、MCIや認知症の可能性は低いとされています。このような理解が、MCIの早期発見や適切な支援を促進する上で重要です。

回復や進行で鍵となるのは「アルツハイマー病の有無」

MCIからの回復や進行について、その鍵となるのは「アルツハイマー病の有無」です。MCIはしばしば認知症の前段階や予備群と見なされますが、必ずしもすべてのMCI患者が認知症に進行するわけではありません。実際、MCI患者の約5~6割は状態が維持されたり、回復したりすることもあるとされています。残りの5割程度は認知症に進行する可能性があります。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会