聴覚・言語障がいとは?緊急時の連絡はどうしているの?気になるアレコレPart2

凸凹村管理人

聴覚障がい者のコミュニケーション手段や日常生活への適応に関する疑問は、多くの人々にとって未知の領域です。彼らがどのようにして日常生活を充実させ、社会とのつながりを築いているのかを知ることは、理解を深める重要な一歩です。そのためには、聴覚障がい者が直面するさまざまな課題や制約について学び、彼らが直面する困難に対して適切な支援を提供することが欠かせません。

聴覚や発話に障がいのある人がスマートフォンやクレジットカードなどを紛失したときはどうしてるの?

聴覚や発話に障がいのある人がスマートフォンやクレジットカードなどを紛失した場合、電話を通じて直接連絡することが難しいかもしれません。そのため、電話リレーサービスを利用して本人確認を行い、停止手続きを行うことが一般的です。このサービスを通じて、補助者が代わりに電話をかけ、事実上の通訳となって対応を行います。

以前はメールやFAX、郵送などでの手続きが必要だった

最近では、このような電話リレーサービスを提供する携帯事業者やクレジット会社が増えています。そのため、紛失や盗難に遭った際に迅速に対応することができるようになっています。以前はメールやFAX、郵送などでの手続きが必要であり、時間がかかる場合もありましたが、電話リレーサービスの普及により、より迅速な対応が可能となりました。

耳にかけて利用する補聴器と集音器は何が違うのですか?

補聴器と集音器は似ていますが、全く異なるものです。まず、補聴器は個々の耳に合わせて製作されるもので、耳掛け型や耳穴型などの種類があります。一方、集音器は既製品であり、必ずしも利用者の耳に完全に合うとは限りません。

補聴器が医療機器だが集音器は医療機器ではない

さらに、補聴器と集音器の大きな違いは、補聴器が医療機器であるのに対し、集音器は医療機器ではないという点です。補聴器は専門家によって調整され、耳の構造や聴力の状態に合わせて適切に設定されますが、集音器は医療的な専門知識が必要ありません。

補聴器は個々の耳の状態やニーズに合わせて作られる

その他にも、補聴器は雑音の中でも言葉をクリアに聞こえるように調整されたり、ハウリング(フィードバック音)を抑える機能がありますが、集音器にはこのような機能が備わっていない場合があります。

要するに、補聴器は個々の耳の状態やニーズに合わせて作られ、医療的な機能を持っていますが、集音器は既製品であり、医療的な調整が必要ないことが大きな違いです。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会