「境界知能」レッテル貼りに使うことは避けてほしいと専門家:障がいと診断されない「生きづらさ」を語る当事者の声

凸凹村管理人

境界知能という言葉が社会的に注目を集めています。これは、知能指数が70以上85未満の範囲に位置し、知的障がいと平均域の間のグレーゾーンにある人々を指します。ABEMA Primeでは、この問題について当事者や専門家との討論が行われました。

「境界知能」批判やレッテル貼りに使われる

この用語はしばしば政治的な支持者やSNS上でのネガティブな行動を取る人々が境界知能と揶揄されることがあり、批判やレッテル貼りに使われる言葉になりがちです。

さらに、詐欺被害者やミスを犯す部下など、様々な状況においてこの言葉が使われ、軽率な決めつけの対象にされています。

境界知能の人々が実際に何に困っているのか、そして、この言葉を使うことの倫理的な側面について真剣に考える必要があります。

自らの能力に対する不安

20代のNさんは、自身が境界知能であることを6年前に知りました。IQの検査により、彼女のIQが平均値の81であることが判明しました。これにより、彼女は自己価値を低く評価し、自らの能力に対する不安を抱くようになりました。

更に、カウンセリングを受けた結果、彼女は会話や言葉の理解に苦労していることが明らかになりました。このため、彼女は周囲から理解されず、孤立することも経験しました。日常生活においては問題がないかもしれませんが、彼女にとっては生活が難しい状況が続いています。

「人付き合いがうまくいかず問題ばかり起こしていた」

Nさんは、対人関係やコミュニケーション、先を考えて行動すること、感情のコントロール、そして勉強において苦労しています。学生時代は特に人間関係でのトラブルが絶えず、先生からも否定的な評価を受けることが日常茶飯事でした。

「人付き合いが全然うまくいかなくて、問題ばかり起こしていた」と振り返ります。そして、社会に出るとますます周囲とうまくやっていけないことが多く、それが彼女の人生を苦しめています。

1年で解雇されたことがきっかけ

彼女がIQを診断したきっかけは、6年前に会社をクビになったことでした。以前は就労移行の支援員をしていましたが、自身の不得意な点が明確になりました。

感情のコントロールやコミュニケーションがうまくいかず、上司からは「あなたがいたら迷惑です」と言われ、わずか1年で解雇されました。この経験が彼女にとって大きなショックであり、自己を見つめ直す契機となりました。

家事などは問題なくこなすことができる

しかし、彼女には得意なこともあります。例えば、掃除や家の片付けなどの家事に関しては問題なくこなすことができます。

このように、彼女の能力にはばらつきがありますが、それぞれの得意分野を活かして生活していくことができます。そのため、自らの弱点を受け入れながら、自己成長を目指して前進しています。

「境界知能という言葉を知れて良かった」

Nさんが境界知能であることを知れて良かったかについて、彼女は「私はただの発達障がいではないと思っていた。発達障がいは能力が高い人もいるが、私は言葉の意味を知らなすぎたり、人よりも動作が遅かったりする。検査をして境界知能という言葉を知れて良かった」と答えました。

彼女にとって、自身の特性や困難に名前がつけられたことは、自己理解を深める一助となったのです。境界知能の特徴は、「注意」「記憶」「言語理解」「知覚」「推論・判断」の5つの認知機能に現れます。これらの機能に課題を抱えることから、勉強や対人関係での誤解が生じることもあるのです。

「障がいのカテゴリーに当てはまらないが“困りごと”を抱えている人たち」

昭和大学・発達障がい医療研究所所長の太田晴久さんは、「境界知能は病名ではない」と指摘し、「知的障がいのカテゴリーに当てはまらないけれども、“困りごと”を抱えている人たち」と述べています。

太田さんが示すように、境界知能の人々はある種の「困難」を抱えているものの、それは単なる病気ではなく、個々の特性や能力の一部として理解されるべきです。

このような認識を持つことで、境界知能の人々は自己受容を促進し、自らの困難に対処するための適切な支援を得ることができるでしょう。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会