子供の成長における「褒め方の重要性」と「愛着の問題」とは?たくさん褒めて甘えさせるのは危険?

凸凹村管理人

子供の成長を促すには、単純な「褒める」だけではなく、愛着の問題も考慮する必要があります。心理学者の米澤好史さんによれば、特に愛着の問題を抱える子供に対しては、褒めることがすべてではないと指摘されています。

単に「褒めて伸ばす」というやり方では、子供の欲求がますます強くなり、褒めることが「おだてること」にすり替わり、支配関係に発展してしまうリスクがあると言います。大人は子供の感情に寄り添いながら、具体的にどの点が褒められたのかをしっかり伝えることが重要です。

叱られると混乱することがある

愛着の問題を抱える子供が叱られると、学ぶどころか混乱してしまうことがあります。もし、お子さんの言動に愛着の問題の特徴を見いだした場合、対処法には気を配る必要があります。

特に、困った行動に直面したときの接し方が重要です。愛着の問題が原因である場合、誤った接し方が状況を悪化させることがあります。一般的な子育てで良いとされる対応が、逆に問題を引き起こすこともあります。

感情の問題が関わっている

愛着の問題を抱える子供が困った行動をする背景には、感情の問題が関わっています。そのため、叱ることで解決することはできません。

なぜなら、愛着の問題を抱える子供は自分の行動を反省し、修正する能力が未熟であるため、叱られることで混乱するからです。叱られると、子供たちはさらに混乱し、自己防衛的になる傾向があります。

叱ることで子供のネガティブな感情が増幅され、混乱がますます深刻化します。愛着の絆が弱い子供にとっては、叱ることが解決策になることはありません。逆に、叱って行動が改善される子供であれば、愛着の問題を心配する必要はないでしょう。

叱ることよりも適切なアプローチが重要

こうした状況では、叱ることよりも適切なアプローチが必要です。例えば、子供の行動に対して理解を示し、共感することで、愛着の問題を抱える子供が自己を安心して表現できる環境を提供することが重要です。

また、適切なサポートやガイダンスを通じて、子供が自分の感情を理解し、適切に対処できるようにすることも大切です。愛着の問題を抱える子供にとって、叱ることよりも理解とサポートが、成長と発達にとってより有益であることを忘れないようにしましょう。

「とりあえず叱る」態度は問題の解決にもならない

最近、子供を叱った場面を思い起こすと、たいていの場合、私自身が余裕がない状況でした。例えば、時間が迫っていたり、周囲の目が気になっていたり、親としての責任感から焦っていたりすると、ついつい子供に対して叱ってしまうことがあります。

しかし、この「とりあえず叱る」態度は、子供を混乱させるだけでなく、問題の解決にもつながりません。だからこそ、子供の行動に反応する前に、「なぜその行動が問題だと感じるのか」を自分自身に問いかけることが重要です。

自分の感情に気づくことで、子供に対する接し方も変わってきます。つまり、叱る前に自分の気持ちを冷静に把握し、その理由を考えることで、より建設的なコミュニケーションが可能になるのです。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会