発達障がいとニューロダイバーシティ「イライラしてしまう」発達障がいへの理解を深める必要

凸凹村管理人

科学文明の進化には発達障がいが不可欠だという主張は意外にも多くの研究者によって真剣に考えられています。エジソンやアインシュタインなどの偉大な発明家や科学者には、発達障がいに似たエピソードが数多くあります。また、映画監督のスティーブン・スピルバーグも自らが発達障がいを抱えていることを公表しています。

多様性を尊重する考え「ニューロダイバーシティ」

一般的に障がいというと、「何かができない」「劣っている」という印象を持たれがちですが、実際には優れた才能を持つ人々の中には発達障がいに似た特性を持つ者が少なくありません

近年、注目を集めているのが「ニューロダイバーシティ」という概念です。この考え方は、脳や神経の機能が異なることは、「できない」「劣っている」という見方ではなく、むしろ多様性を尊重すべきだというものです。

経済産業省も、脳や神経の機能の違いがイノベーションを促す要因であり、企業活動においても積極的にニューロダイバーシティを取り入れるべきだと提唱しています。

過度な期待には注意が必要ですが、ニューロダイバーシティは従来の価値観を覆す可能性を秘めています。多様性の本質を理解するためには、この概念を理解することが不可欠です。

発達障がいの特性を活かすイノベーションへの挑戦

ニューロダイバーシティとは、脳や神経に起因する個人の違いを多様性として捉える考え方であり、自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠陥多動性障がい(ADHD)などの発達障がいに関する議論が1990年代から始まりました。

近年、日本でも経済産業省が一部の発達障がいを持つ人々の独特な才能や個性が企業活動や研究においてイノベーションを生み出す可能性に注目し、彼らの才能を積極的に活用することを呼びかけています

イノベーションの創出や生産性の向上に不可欠

ダイバーシティ経営はイノベーションの創出や生産性の向上に不可欠であり、また少子高齢化が進む国における就労人口の維持だけでなく、企業の競争力強化にも重要であるとしています

さらなる推進が求められており、特に「発達障がいのある方に、その特性を活かして自社の戦力となっていただく」ことを目指したニューロダイバーシティへの取り組みが注目されています。

この概念を更に発信し、発達障がいのある人々が持つ特性(発達特性)を活かし、社会で活躍できる環境を目指します。

IT界のリーダーシップにおける発達障がいのポジティブな側面

IT業界のリーダーたちが発達障がいを持っていることはよく知られています。ビル・ゲイツ氏やマイケル・ザッカーバーグ氏、スティーブ・ジョブズ氏など、彼らの特性はしばしば発達障がいに関連したものと指摘されてきました。そのため、彼らをモデルにした映画でもその特性が際立って描かれることがあります。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会