発達障がいの子供たちのコミュニケーション、なぜすれ違ってしまうのか…特徴と理由を知ろう!

凸凹村管理人

発達障がいを抱える子供たちにとって、日常の会話は時に大きな挑戦です。相手の言葉に耳を傾けることが難しく、自分の考えや感情をうまく伝えることも難しいことがあります。会話の中で相手の話を聞かずに熱弁をふるったり、相手の話の途中で気が散ってしまったりすることは珍しくありません。

そのため、彼らが他の人と異なる独自のコミュニケーションスタイルを持っていることを学習してみましょう。そして、同じような経験を共有する仲間との出会いが、彼らにとっては心地よいコミュニケーションの場となることもあります。

会話には一定のパターンが存在

発達障がいの子供たちが会話で苦手な部分を理解するために、会話の研究者たちは一つひとつの言葉を分析し、会話には一定のパターンが存在することを明らかにしています。以下では、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、そして学習障がい(LD)の子供たちがそれぞれ会話でどの部分が苦手なのかを見ていきましょう。

『発達障がいの子の「会話力」を楽しく育てる本』には、発達科学の知見に基づいた実践的なアドバイスが満載です。この本では、子供たちが楽しみながら会話力を向上させるための具体的な方法が提案されています。発達障がいの子供たちがなぜ会話でつまずくのか、その特徴や困難の背景を理解することは、彼らに適切なサポートを提供する上で非常に重要です。

自閉スペクトラム症:相手とのコミュニケーションが難しい

自閉スペクトラム症の子供たちは、自分の話したいことを熱心に語ることが得意ですが、会話が一方的になりがちで、相手とのコミュニケーションが難しい場合があります。彼らにとって相手の立場や感情を考慮して話すことや、相手の話に対して適切に反応することが難しい場合があります。

また、相手に適切なタイミングで話しかけることが難しい子供もいます。さらに、「説明力」や「解像度」「語用論」「協調性」「丁寧さ」といった要素においても、特徴が現れることがあります。たとえば、細かいディテールにこだわる一方で、会話全体の流れを把握するのが難しいことがあります。

注意欠如・多動症(ADHD):話の途中で内容を確認することが苦手

注意欠如・多動症の子供たちは、社交性が高く、初対面の相手でも気軽に話しかけることがあります。しかし、相手との交互のコミュニケーションや話の途中で内容を確認することが苦手です。

そのため、「説明力」を身につけるのが難しい場合があります。また、注意力が散漫になりやすいため、話の中で重要なポイントを見逃したり、相手の話を聞き逃したりすることがあります。

学習障がい:自分の考えを言葉や文章でうまく表現することが難しい

学習障がいの子供たちは、自分の考えを言葉や文章でうまく表現することが難しい傾向があります。会話の進行がゆっくりであり、特に話をはじめることや掘り下げることが苦手で、「説明力」が弱いことがあります。また、情報を整理して表現することや、相手の話に対して適切に反応することが難しい場合があります。

「相手とのキャッチボールにならない」

自閉スペクトラム症(ASD)の子供たちの会話は、しばしば「相手とのキャッチボールにならない」と表現されます。彼らは言葉を一方的に投げかけることが多く、相手の言葉を受け入れることが難しいように見えます。これは、ASDの子供たちが自分の興味ややり方を優先しやすいという特徴に関連しています。彼らが相手の話を無視しているのではなく、むしろ自分の話に意識が集中しているのです。

テーマや目的のない雑談には特に苦手意識

ASDの子供たちは言葉の意味や話の内容にこだわる傾向があります。そのため、テーマや目的のない雑談には特に苦手意識があります。このような雑談の中で会話力を発展させるのは難しい場合があります。その代わりに、彼らにとって興味深い趣味のグループなどに参加し、共通の話題がある場で会話を繰り返すことが、より良い経験となるでしょう。

ASDの子供たちが自分のペースで会話を進め、自分の興味に沿った話題を楽しむことができる環境を提供することが重要です。彼らが安心してコミュニケーションを取ることができるよう、適切な支援と理解が必要です。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会