大学教授が発達障がいの子育てで痛感した「普通」という呪縛 大学進学は本当に最適解か、自信喪失の恐れも

凸凹村管理人

情報学研究者の岡嶋裕史氏には、自閉スペクトラム症の息子がいます。また、友達を作らずゲームに明け暮れた自身の過去を振り返り、「僕にも発達障がいの傾向があった」と言います。そんな同氏に、我が子の子育てや自らの経験、大学教員としての見地から、発達障がいの子どもを取り巻く課題について語っていただきました。浮き彫りになってきたのは教育現場や社会全体が抱える問題です。発達障がいの子どもたちが抱える困難は、定型発達の人々にとっても無関係ではありません。

彼らと定型発達との間に生じるギャップ

発達障がいの子どもと接するとき、保護者や教員など、周囲の大人はどんなマインドでいるべきなのでしょうか。岡嶋裕史氏は、彼らと定型発達との間に生じるギャップについて、自らの専門分野になぞらえて次のように説明します。

知的障がいを伴わない発達障がいでも、多くの場合、他者とのコミュニケーションに齟齬が生じます。これはコンピューターでいえば、ディスプレイやキーボードといった「入出力装置」に問題がある状態なのです――。そう言われてみると、彼らが何もわかっていないわけではないことや、本当の能力に対して大きな生きづらさを感じることが、なんとなく理解できるのではないでしょうか。

入力、つまりコミュニケーションの受け取り方がちぐはぐなので、発達障がいの人は他者の表情などを読むことが苦手です。人間関係のエラーは、どんなときになぜ発生するのかがわかりにくい。それに比べれば、コンピューターのエラーは、必ず理屈で突き止めることができます。視覚優位であることや、高い記憶力といった特性も活かせるので、やはりプログラミングが得意なケースは多いです。そういった意味で、近年の教育の方針は、発達障がいの子どもたちにもメリットがあると言えるでしょう」

子どもを傷つけることにもなる

しかしここで岡嶋氏は、対処や視点を一般化することの危険性を強調します。

「例えばプログラミングについても、すべての発達障がいの人が必ずしもそれを得意とするわけではありません。僕の子どもも自閉スペクトラム症ですが、『spectrum(連続体)』といわれるとおり、一人ひとりの特性は千差万別です。『こういう子どもにはこうすればいい』といった決めつけや、先回りして過剰な特別扱いをすることは、子どもを傷つけることにもなるので避けるべきです」

「普通という呪縛」

しかし、日本の教育現場では、これがなかなか難しいのです。効率重視の一斉授業はいまだ続いており、社会も右にならえの傾向が非常に強いです。「普通という呪縛」が、あまりにも強く存在していると同氏は語ります。

「僕自身も、保護者としてさまざまな人と関わってきましたし、今は相談を受けることもあります。『普通』というのは、親御さんからも医療関係者からも教育関係者からも、本当によく出てくる言葉です。『多様性』もよく聞かれるようになりましたが、みんなが目指したい『普通』は、今も厳然と存在していますよね。イベントで『普通』の子と同じように振る舞えないと判断されて、僕の子どもも挑戦のチャンスを奪われてしまったことがありました。スムーズな進行のためには、それは仕方がないことなのでしょう。でも、全体最適のために一つの挑戦のチャンスが失われることは自覚しておきたいです」

大学進学が最適解か、キャリアパスはどうするか…課題は山積

「普通」の呪縛は強いものの、発達障がいの子どもに向けられるまなざしは徐々に変化し、社会は明るい方向に向かっているとも感じている岡嶋氏です。だが、その結果として彼らの大学進学率が上がっていることには、複雑な思いを抱いています。

「大学教員として、発達障がいの入学者は確実に増えていると感じています。ただ、これが本当に最適解なのかどうかは、じっくり考えてみる余地があるのではないでしょうか」

大学入試を突破できるだけの学力があるなら、勉強ができることに自信を持っている子どももいるでしょう。しかしその自信が、大学生活によって失われてしまう恐れすらあるのです。

現在の大学のカリキュラムや環境は、発達障がいの人に向いているとはいえません。大人数クラスに放り込まれ、先生のサポートもなく、彼らが苦手とするコミュニケーション能力が非常に強く求められます。学歴自体を誇りに思えるタイプならいいのですが、入学後に孤立して、塞ぎ込んでしまう学生も実際に見てきました

『普通』を求める親のエゴであってはいけない

近年は、文部科学省も「子どもの自己決定」の重要さを説いています。とくに発達障がいの子どもに対しては、そのバランスを考えて接する必要があるようです。

「理念としてはすばらしいものですが、子ども自身で自分が楽になる決定を下せるとは限りません。暗喩や相手の感情も読み取れない相手を誘導することは簡単です。自己決定を隠れ蓑にして、むしろ学校や大人が楽になること、得になることを選ばせていないでしょうか。行けるのであれば大学に行かせたいという親の気持ちもとてもよくわかります。でもそれが、『普通』を求める親のエゴであってはいけません。また、大学はどこも台所事情が厳しいので、学力が水準に達していれば、積極的に学生を受け入れます。学校で働く者の一員として、これは自分でも肝に銘じておきたいことです」

もう一つ、岡嶋氏が課題を感じていることがあります。それは発達障がいの子どもたちの行く末、キャリアパスの選択肢のなさです。大学の出口となる就職活動は、学生生活以上にコミュニケーション能力が重視され、発達障がいの学生にとっては非常に厳しいものになります。大卒資格があることで、障がい者雇用の対象外になってしまうケースもあると言います。

また、特別支援学級で学ぶ場合、教科学習はどうしても国語や算数に偏りがちです。しかし実際には、理科や社会科が大好きな子どもも多くいます。学びを楽しむ力があるにもかかわらず、高度な教育を受けるための選択肢はやはり少ないのです。

岡嶋氏は、近年拡充が進む「就業技術科」や「職能開発科」のような学びのあり方に期待を寄せています。これは飲食店や清掃業など、実際の業務で役立つスキルを身に付けることができるもので、現在は2科合わせて、東京都内の12の特別支援学校に設置されています。

「発達障がいの子どもは年齢に対して幼いことも多いので、中学校卒業後に、じっくり社会に出る訓練ができる機会があるのはうれしいです。とてもいい仕組みで、高校の3年間だけではもったいないほどだと思います。あと2年ぐらいプラスして、歯ごたえのある学習なども経験できるようになったらもっといいですね」

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは