小学生の「母子分離不安」とは?原因・症状や親ができる効果的な対応策についても解説

凸凹村管理人

小学生になる子どもが母親と離れたがらず、困っている方も多いかもしれません。この現象は「母子分離不安」と呼ばれ、子どもにとって大きなストレス要因となります。母子分離不安は、新しい環境や人間関係への適応が難しい場合に現れることがあります。子どもが不安やストレスを感じている兆候としては、泣きわめいたり、身体的な不調を訴えたりすることがあります。親としては、子どもの気持ちを理解し、少しずつ離れる練習をすることが重要です。例えば、安心感を与えるルーチンを作ったり、少しずつ離れていく時間を増やすなど、子どものペースに合わせた支援が求められます。

「子どもが驚くほどママから離れたがらない。なぜ?」「母子分離不安ってどんなもの?」これらの疑問にお答えするため、母子分離不安について詳しく解説します。小学生になる子どもが母親から離れたがらない理由や、その症状、そしてどのようにして母子分離不安を予防したり、対処したりするかについても考察します。親としては、子どもの安心感を促進する方法や、少しずつ離れる練習をすることの重要性についても触れます。母子分離不安についてさらに深く理解したい方や、具体的な対応策を知りたい方は、ぜひこの記事をご参考にしてください。

小学生に見られる「母子分離不安」とは

「母子分離不安」とは、小学生になった子どもが母親と離れることを不安がり、常に行動をともにしようとすることです。

母子分離不安については、医療機関では明確に記述されておらず、分離不安障がいの1種で、母親と離れることに不安や恐怖を感じるものとされています。母子分離不安の子どもには、母親と離れることに極端に強い不安を感じるという特徴があります。

そのため、少しの留守番も一人ではしなかったり、学校に行きたがらなかったりするほか、母親と一緒の外出しかできなくなるなどの行動が見られます。逆に、母親と一緒であれば外出も苦ではありません。

出典:小児期の分離不安障がい|ハートクリニック

母子分離不安の症状

母子分離不安の症状には、母親(愛着ある人物)から離れることに苦痛や不安を感じる、母親と離れると恐怖を感じる、母親のいない場所に行くことに強い不安や抵抗を感じるなどがあります。

母親と離れることを強制されたり、そのような状況になることを考えただけで、子どもに頭痛や腹痛、吐き気などの症状が現れる可能性があるでしょう。母親を独占したがったり、母親のそばから離れず監視したり、父親やほかの兄弟・姉妹に対して敵対的な行動をとったりすることもあります。

出典:【分離不安症】親離れできない人とは|ひだまりこころクリニック

「分離不安症」になってしまう可能性もある

不安は誰にでもありますが、それが極端で日常生活に支障があるような場合は、分離不安症になる可能性があります。母子分離不安については、医療機関では明確に記述されておらず、母親と離れることに不安や恐怖を感じる分離不安障がいであるとされています。

小学校に上がるタイミングで、母親と離れたがらない子どもはいるでしょう。しかし、それが過剰で登校拒否を起こすようであれば、分離不安症といえます。これは、不安を子どもが乗り越えられていないことが原因です。母親と離れたあとに、その状況に慣れることなく泣き叫んだり、母親が迎えに来ることだけを考えたりしている子どもは、分離不安症の可能性があるでしょう。

出典:【分離不安症】親離れできない人とは|ひだまりこころクリニック

子どもが母子分離不安になる原因

小学生の子どもが母子分離不安になる原因は、一つだけとは限りません。一般的には、幼稚園や保育園から小学校に上がったことが主な原因とされていますが、その前から蓄積された原因の影響もあるでしょう。

子どもの母子分離不安が目に見えてわかりやすくなるのが、小学生になったタイミングというだけです。ここでは、子どもが分離不安になる原因を4つ紹介するため、ぜひ参考にしてください。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは