精神疾患の原因の一つ?「睡眠不足」が引き起こす深刻な影響とは 国家レベルで解決すべき問題なワケ

凸凹村管理人

日本の睡眠不足が国家的損失を招いているという事実は驚くべきものです。アメリカのある研究所のレポートによると、日本における睡眠不足による経済損失は年間で15兆~20兆円にのぼるとされています。それにもかかわらず、長年にわたり日本では効果的な睡眠対策が十分に整備されてきませんでした。

なぜ日本人の睡眠問題がこれほど深刻でありながら、対策が遅れているのでしょうか。人間の睡眠を長年にわたり研究している上田泰己氏の新刊『脳は眠りで大進化する』(文藝春秋)から、その一部を抜粋してご紹介します。上田氏は、睡眠の質が個人の健康だけでなく、社会全体の生産性や経済活動にも大きな影響を与えることを明らかにしています。彼の研究は、国家レベルでの睡眠対策の重要性を強調しており、日本社会が直面するこの重大な課題に対して、早急な対応が求められていることを示しています。

日本人の睡眠時間が短すぎる問題

日本は世界でも睡眠時間が非常に短い国として知られています。OECD(経済協力開発機構)による生活時間の国際比較のデータ(2021年)によれば、日本の男女ともに平均睡眠時間は33ヶ国中最も短く、わずか7時間22分となっています。この傾向は大人だけに限らず、子ども世代にも及んでおり、全世代にわたって「睡眠衛生」が悪いとされています。

近年の生命科学、特にシステム生物学や合成生物学の発展により、これまで解明が難しかった体内時計や睡眠に関する謎が少しずつ明らかになってきました。こうした研究の進展により、個体レベルの不思議な生命現象に取り組めるようになったことを実感しています。これらの研究は今後、私たちの生活実態と接続しながら広がりを持たせていくことで、さらに進展していくでしょう。

改善策を講じるための基礎資料

具体的には、大規模な集団を対象に科学的根拠のある方法で定量的かつ安定したデータを測定することができれば、細胞レベルや個体レベルの生理現象をさらに深掘りすることができます。また、人々が構成する社会における様々な生命現象も解き明かされるでしょう。例えば、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルについても、いくつかのパターンに類型化するためには、大規模なビッグデータが必要です。

現状、睡眠に関するビッグデータとしては、イギリスに10万人規模のものがあり、ゲノムデータと紐付いています。このデータは研究目的でアクセス可能であり、私たちも解析に利用していますが、イギリスで取得されたデータであることが前提です。日本でも同様の規模でのデータ収集が行われれば、日本特有の睡眠パターンや問題点をより詳しく理解し、改善策を講じるための基礎資料となるでしょう。

日本は世界でも睡眠時間が非常に短い国

日本は、世界でも睡眠時間が非常に短い国として知られていることをご存じでしょうか?OECD(経済協力開発機構)による生活時間の国際比較のデータ(2021年)によれば、日本は男女ともに睡眠時間が33ヶ国中最も短く、平均7時間22分となっています(日本の睡眠時間は2016年の数値)。世代で見ても、日本は大人だけではなくて子ども世代も睡眠時間が短く、全世代にわたって「睡眠衛生」が悪い国として知られています。

「睡眠健診運動」

この日本の睡眠不足による経済損失は、アメリカのランド研究所のレポートでGDP比2.9パーセントに相当する、とも報告されています(2016年)。これは当時のレートで年に15兆円にもなり、現在ならば1.5倍換算で20兆円を超えているはずです。

このように世界の中でも特殊な睡眠環境にある日本で、国民を対象にしたビッグデータを集めて私たちの研究とつなげ、睡眠衛生を向上させていくための活動「睡眠健診運動」を私たちは2020年に始めました。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは