生きづらさを克服した「ちょっと変わったアスペルガー医師」KY少年から頼れる精神科医への成長

凸凹村管理人

生きづらさを克服した、元KY少年の精神科医。その方は約束の取材場所に、シックな黒いシャツ姿で現れました。髪を無造作にポニーテールに結んで、長さは腰まで届きます。「精神科のお医者さんです」と言われるよりも、「徹夜明けで、ちょっと不機嫌なミュージシャンです」と言われた方がしっくりくる雰囲気でした。

精神科医としての顔

実際、この3月には横浜でバンドの演奏会を開催し、ギターを担当しました。リンパドレナージュのセラピストであり、バンド仲間でもある大村かすみさんによれば、「先生は完璧主義者で、メンバー4人での練習はもちろん、演奏の合わせどころは完璧に合わせたいという気持ちで、2人での練習もしました。ライブ中のMCも面白いですよ」

そんな精神科医が、カメラマンからの「白衣を着ていただけますか?」という声に応じて白衣を着ると、表情が一気に和らぎ、悩める患者と真摯に向き合う医師のそれになりました。自身も物心ついた時から研修医になるまでの20年間、アスペルガー症候群特有の「空気が読めない」「言葉の裏が読めない」「計画性がない」「自分の気持ちばかりを優先してしまう」などからくる生きづらさに苦しんできましたが、30代半ばでそれを克服しました。以来、この発達障がいの、良き医師兼理解者として多くの患者さんに向き合っています。

『西脇俊二 トンデモ本』

西脇医師を含め、日本ではまだ3人の医師しか行っていないという免疫置換療法に対しても、全国から自己免疫性疾患に苦しむ人々が相談に訪れます。潰瘍性大腸炎や難病指定されているシェーグレン症候群さえも治すという治療法です。そんな頼れる医師でありながら、「女性に憑依した犬神を1週間のヒーリングで祓った」と真顔で言い、超能力者・秋山眞人氏と河口湖でUFOを召喚し、さらには、「スプーン曲げ?曲げたことはありますが、あんまりうまくいきません。柔らかいと完全にイメージできれば曲げられますが、今は少し無理かもしれませんね」と言います。

ブラウザの検索窓で『西脇俊二』と調べると、“待ってました”とばかりにサジェストに登場するのは、『西脇俊二 トンデモ本』。登場した著書をクリックし、何冊かのカスタマーレビューを覗いてみると、《トンデモ本に見えてやっぱりトンデモ本》と冷ややかに語る現役医師から、それについて《代替治療を批判するならホントに治った患者の声を聞いてからにしろ!》と怒りの声を上げる人、《素晴らしい精神科医なのにこんな本を出したら誤解される》と心配する患者さんらしき人まで、賛否両論が寄せられています。昔は導師やシャーマンと呼ばれたような人物、そんな印象を持つ西脇医師。

「周りの目を気にすることなく行動する」

妻でパーカッション奏者の和嘉子さんは笑いながら語ります。「お医者さんって、昔は導師やシャーマンと呼ばれていたような人。ですから医学はどこか不思議な力とつながっているようにも思えます。スピリチュアル全開でやりすぎると確かに怪しく見えることもありますが(笑)、振り幅に気をつけることも大事だとは思いますが、私はあまり気にしていませんね

当の西脇医師は、そんな書評を一向に意に介しません。誰が何を言おうと信じるところを突き進み、訴えたいことを本にします。この医師も抱えるアスペルガー症候群の特徴の一つが、「周りの目を気にすることなく行動する」だからだと思います。今ではアインシュタインやスティーブ・ジョブズ、織田信長もアスペルガーだったと言われています。思えば時代をガラッと変える改革者は、いつもこうした「空気を読まない人たち」だったのかもしれません。

“少し変わったデキる人”を目指すべき

西脇医師はこう述べます。「アスペルガーがいなければ、世界は今でも石器時代のままだったでしょう。“木と木をこすり合わせたら燃え出すかも”、“この金属とこの金属を混ぜ合わせたらもっと強い金属になるかも”と、空気を読まず突っ走れた者たちがいればこそ、世界はここまで進化できた。だから私たちアスペルガーの発達障がいを持つ者は、自信を持って“少し変わったデキる人”を目指すべきだと」

母親は典型的なADHD、父親も典型的なアスペルガー障がい

北海道の岩見沢市で姉2人、兄1人の4人きょうだいの末っ子として生まれた西脇医師は、子どものころから“表情が硬く、ちょっと変わった子”だったそうです。「小さいころから人に頭を触られるのが嫌で、理髪店に行かず長い髪を伸ばしていました。ピンクの服が好きで、その色ばかり着ていたため、いつも女の子と間違えられていました。幼稚園は先生や教室の雰囲気が嫌で頑として行かず、登園拒否をしています

酒、タバコから食料まで何でも商う、今でいうコンビニのような店を営んでいた両親は、精神医療の専門家である西脇医師によれば“母親は典型的なADHD(注意欠如・多動性障がい)で、父親も典型的なアスペルガー障がい”でした。思ったことを何でも口にする母と、それに対して何も言わないで自分の道を黙々と歩む父。

「私は毎朝、母親の怒声で目を覚ましていました」

小学校に上がる前には、本音を素直に言ってしまう母から唐突に“本当はお前は堕ろすべきだった”と言われたことがあると述べました。「“でも、なぜ産んだの?”と尋ねたら、“占いで、私(母親)を助けるようになるから産んだほうがいいと言われた”と。まぁ、でも私は生まれてくることができたので、私は幸運だったのかもしれませんね(笑)」出生の際にも死に直面しており、それからも幾度となく死と向き合い、そのたびに逆境から生還してきた経験が、おそらく医学界で最もスピリチュアルな西脇医師の考え方の背景となっているのかもしれません。

「結婚するつもりもないのに何で付き合うの?」と言われたことがあります。小さい頃から一度思い込むと頑固で、小学校や後に進学した光陵中学でも成績は優秀でした。ただし、私には「計画性」がありませんでした。宿題はいつも朝になってから片付け、試験は一晩勉強するのが常でした。

一度見たものを写真のように覚える能力

映画『レインマン』で描かれたように、一度見たものを写真のように覚える能力がありました。大学1年生まではそれで勉強していましたが、お酒を飲みすぎたことで脳が損傷し、その能力は失われていきました。妻である和嘉子さんが、私の子ども時代のエピソードをこう話します。「高校生の頃、足が速くて友達がバスに乗っている間にも先に目的地に到着し、“超人”と呼ばれていたんですよ(笑)」

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは