発達障がいが治る子と治らない子、その違いはどこに…?発達障がいにまつわる「嘘と本当」

凸凹村管理人

言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。育ちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。

講談社現代新書のロングセラー『発達障がいの子どもたち』では、長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者が優しく教え、発達障がいにまつわる誤解と偏見を解いています。

本記事では〈「発達障がいは一生治らないし、治療方法はない」は本当? …発達障がいについて、誤った認識を持っていませんか?〉に続き、著者が長年にわたって相談に乗ってきた成人について紹介します。※本記事は杉山登志郎『発達障がいの子どもたち』から抜粋・編集したものです。

自閉症と診断されたB君の成長記録

B君に初めて会ったのは、彼が4歳のころでした。このころのB君は、幼児らしいふっくらとした体型で、毎日のようにかんしゃくを起こしていました。

初診の際、B君のお母さんはおんぶ紐で彼を背負って診察室に入ってきました。この光景は今でも鮮明に覚えています。B君がぐずるとお母さんは彼をあやすために診察室を出て行ってしまい、そのまま戻ってこなかったのです。後に聞くと、お母さんは既に息子が自閉症ではないかと強く疑っており、その診断を下されるのが怖くて診察室にとどまることができなかったそうです。

通常学級に進学

B君は両親と目を合わせることがなく、お母さんの指示も理解しませんでした。おんぶされていたのも、下におろすとそのまま走り出してしまうからでした。実際に迷子になったこともありました。言葉は4歳を過ぎても数語程度で、オウム返しのような断片的な発声しかできませんでした。理由もわからずかんしゃくを起こし、行動を止められることに強い抵抗を示しました。お母さんの予想通り、私はB君を自閉症と診断しました。

その後、B君は市の運営する母子通園施設に通い始めました。この施設では、保育園に入る前に母子で通園し、生活習慣や集団行動の基礎的な練習を行います。B君はここで急速に身辺の課題をこなせるようになり、周囲の状況に合わせた行動ができるようになりました。5歳前後からは言葉も急速に伸び、小学校入学前の心理検査では知能指数76を示しました。ご両親は迷われましたが、B君は通常学級に進学しました。

小学校中学年ごろから学習に困難を覚えるように

しかし、B君も小学校中学年ごろから学習に困難を覚えるようになりました。これは、小学校3~4年の時点でカリキュラムに抽象的なイメージ操作を用いる課題が増えるためです。国語では接続詞、算数では分数や小数など、学習内容が一段階飛躍します。この現象を「9歳の壁」と呼びます。また、同じ時期にいじめもありました。ギャングエイジに突入するこの時期の子どもたちは、親への秘密を持ち、仲間を作るようになるため、いじめが深刻化する傾向があります。B君もそのつど学校の担任にいじめの沈静化をお願いすることが続きました。

小学校5年生ごろには、B君は自信を失い、著しく元気がなくなる時期もありました。また、わざと叱られるような行動を取るなど、情緒的にこじれる症状も見られました。しかし、知的には成長しており、知能指数は82とほぼ正常知能に近い値を示していました。

生き生きと働くようになったB君の成長物語

B君とご両親は中学校進学の際、特殊学級への進学を迷うことなく選びました。知的にも高く、学力もあるB君はクラスのリーダーとなり、連続して特殊学級の級長を任せられるようになりました。中学校1年生の2学期には、自分の学校での様子を誇らしげに話すようになり、自信を取り戻したことが窺えました。

この頃、B君を知的な遅れのない自閉症やアスペルガー症候群の子どもとその親の会である「アスペ・エルデの会」に誘いました。この会は親子ともに気に入り、B君は熱心に通うようになりました。

高校進学に際して、B君は養護学校の高等部を選びました。学力的には通常高校や専門学校にも進学可能でしたが、親子ともに躊躇はなかったようです。彼が選んだ養護学校高等部は職業訓練を徹底的に行うことで有名でした。

養護学校高等部を卒業後就職

この学校では、作業の受け答えや作業態度まで含む徹底的な指導が行われます。高校2年生になる頃には、B君は学校の厳しい教育が身についてきたようで、私との受け答えも以前とは異なり、しっかりと目を見て返事をするようになりました。

「アスペ・エルデの会」では、高校生以上の青年たちで構成される「サポーターズクラブ」があり、B君も熱心に参加しました。高校生の仲間同士で遊びに行ったり、ボランティアに出かけたりしていました。筆者が主宰する地域のアスペの会の手伝いにも、サポーターズクラブの仲間を誘って駆けつけてくれました。

B君は養護学校高等部を卒業後、ある大企業に就職しました。障がい者雇用促進法により、企業は一定割合の障がい者を雇用する必要があり、B君もその枠で雇用されました。養護学校では徹底した職業訓練が行われ、現場実習や企業との話し合いが重ねられ、就労後も教師が職場に訪れるなどのサポート体制が整っていました。

他人の悪意に非常に脆弱

B君はこうして就労を果たし、生き生きと働くようになりました。大企業で初任給も高く、すぐにボーナスも支給されるなど待遇も良好でした。B君は残業もこなし、自動車の免許を取得し、自分の給料で購入した車で通勤を始めました。アスペの会やサポーターズクラブの友人との交流も続いており、休日には一緒に出かけることも多かったです。就職後もサポーターズクラブの友人を誘い、アスペの会にボランティアとして参加していました。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは