ハローワークを上手に活用して障がい者雇用を目指そう!自宅でできる利用方法とそのメリット

凸凹村管理人

障がいのある方でも、ハローワークを上手に活用して、就労を目指すことは可能です。例えば、身体の不自由な方や日常の移動が難しい方でも、家を離れずに利用できる方法があります。

オンラインでの情報収集や相談窓口の活用、そして適切な支援機関との連携が重要です。さらに、自宅でのスキルアップや履歴書の作成、面接の準備までをサポートする手段もあります。これにより、障がいを乗り越えて、自分の力で仕事を見つける一歩を踏み出すことができます。

まずはハローワークに出向こう

家から出なくてもハローワークを利用することは出来ます。しかし、自分の障がいの特性にあった仕事を探す為に、最低でも一度はハローワークに行く必要があります。そこでまずは、障がい者がハローワークを使う際の注意点を書かせていただきます。

ハローワークは障がい者専門窓口を利用しよう

ハローワークには、

  • 一般の方が就労する為の部署
  • 障がい者が就労する為の部署(障がい者専門窓口)

に分かれています。

障がい者がハローワークを利用する場合は必ず「障がい者専門窓口」を利用しましょう。障がい者専門窓口を利用したほうが良い理由としては、

  • 手話や筆談が出来る支援員がいる
  • 精神障がい者の支援に特化した支援員がいる

など、健常者の方が利用するハローワークの部署よりも障がい者に対しての支援が整っているからです。

(※曜日によって在中している場合としていない場合があります。ハローワークは予約不要で利用できますが、そういった支援の必要な障がい者の方は予約をおこなってからハローワークへ出向いたほうが良いでしょう。)

障がい者当事者との面談

また、ハローワークの障がい者専門窓口は、まず障がい者当事者との面談を通じて、その人その人の障がいの特性に合った仕事を探せるように、データをしっかりと残し、ハローワークに訪れる時にはデータを見ながら仕事を探してくれます。(面談というと堅苦しい感じがしますが、カウンセリングのような感じなので安心して下さい。)

そうやって障がい者に配慮しながら障がい者雇用を行ってくれる企業を探して貰えるのです。

ハローワークでの障がい者雇用の流れや利用方法

 1.求職申込を行う

障がい者・健常者に関わらず、ハローワークを利用する為には「求職申込」の手続きを行わなければなりません。手続きの流れとしては、

最寄りのハローワークに行く→就職についての条件(希望職種や賃金)等を「求職申込書」に記入→ハローワークカードの受け取りという流れになります。最寄りのハローワークに行って手続きを済ませましょう。

2.職業相談

自分の障がいの特性や今までの就職状況などを、自分に合った仕事先を探す為にハローワークに相談します。ハローワークに相談に行く際には、必ずハローワークカードを持参しましょう。

3.就職先の紹介

応募先が決まったらハローワークから企業へ紹介してもらえます。企業側にハローワークから連絡を事前に行い、「紹介状」をハローワークから受け取ります。面接の際には紹介状を持参しましょう。

以上がハローワークの利用方法の簡単な流れになります。あなたにあった求人を紹介してくれたり、面接対策など二人三脚で転職活動を進めることができます。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは