大人の愛着障がいの特徴とは?原因や治し方について

凸凹村管理人

大人になってもなお、愛着障がいに苦しむ人は少なくありません。この障がいは親密さを避けたり、怒りなどの情緒面で問題を抱えたり、対人関係に不安を感じたりする傾向があります。

一方で、子どもの愛着障がいとは異なる側面もあります。この記事では大人の愛着障がいの特徴や原因、そして効果的な治療法についても詳しく解説します。大人や子どもの愛着障がいに関する理解を深め、具体的な対処法を知ることができるでしょう。

愛着障がいとは?

愛着障がいは乳幼児期に特定の養育者との愛着形成がうまくいかず、その後の対人関係に問題を引き起こす状態を指します。この障がいを持つ人は対人関係が不安定で依存的であり、拒絶や孤立を恐れる傾向があります。また、自己肯定感や自己価値感にも問題を抱えることが少なくありません。

子どもの頃に発症した愛着障がいが成長しても改善されない場合、「大人の愛着障がい」としてその症状が持続することがあります。この障がいの治療には時間がかかることが一般的であり、専門家の指導のもとでの取り組みが重要です。

乳児期の虐待やネグレクト(育児放棄)などの不適切な養育環境

乳児期に十分な愛着関係が形成されなかった場合、その後の発達にも大きな影響を及ぼすことがあります。

乳児期の虐待やネグレクト(育児放棄)などの不適切な養育環境、例えば、虐待やネグレクト(育児放置)などの不適切な養育環境で育った子どもは、愛着障がいを発症するリスクが高くなる等です。

両親の不在や離婚などの家族の変化

子どもが幼い頃に両親が離婚したり親が不在になるなど、心身に負担のかかる環境で育つことで愛着関係が形成されにくくなり、愛着障がいを発症するリスクが高くなります。

これらの要因が複合的に作用することにより、愛着障がいが発症するとされていますが、実際には複数の要因が絡み合っていることが多く、原因の特定が難しい場合が多いです。

大人の愛着障がいと子どもの愛着障がいの違い

医学的な愛着障がいの診断基準は子どもが対象とされており、5歳以前に発症するといわれています。しかし、実際には「自分は愛着障がいではないか」と悩んでいる大人は少なくありません。

大人の愛着障がいと子どもの愛着障がいには、いくつかの違いがあります。「子どもの愛着障がいの特徴と大人の愛着障がいの特徴」の違いをそれぞれ解説します。

子どもの愛着障がいの特徴

子どもの愛着障がいは、児童期に安定的な愛着関係を築くことができなかった場合に発生することが多いです。個人差はありますが、子どもの愛着障がいの特徴として以下のような特徴が挙げられます。

  • 行動が問題的

愛着障がいの子どもは、問題的な行動を示すことがあります。これは、感情の調節が難しいため、相手に対して攻撃的になったり、自己防衛のために逃げ出したりすることがあるためです。

具体的には髪の毛を抜く・爪を噛むなどの自傷行為や、他人に危害を加える他害行為などです。

  • 感情の調節が難しい

愛着障がいの子どもは、感情の調節が難しいことがあります。

これは、保護者や他の大人との相互作用が不十分であったため、愛着を形成できずに感情が自律的に発生するためです。

  • 信頼関係を築くことが難しい

愛着障がいの子どもは、保護者や他の大人に対して信頼関係を築けないことがあります。

これは保護者が不在だったり、虐待を受けたりした経験があるためです。理由もなく嘘をつく、大人を試すような行動も見受けられます。

また、しっかりと食事や睡眠がとれない等、基本的な生活習慣を身につけることが難しく、風邪をひきやすいといったことも特徴のひとつです。

さらに、後述する「反応性アタッチメント障がい(反応性愛着障がい)」と「脱抑制性型対人交流障がい」のどちらに当てはまるかによって特徴が異なります。

反応性アタッチメント障がい(反応性愛着障がい) 

反応性アタッチメント障がい(反応性愛着障がい)は、子どもが適切な愛着を形成できなかったり、既に形成された愛着が破壊されたりすることによって発生する障がいです。個人差がありますが、反応性アタッチメント障がいの主な特徴は以下のようになります。

  • 社会的無関心

社会的な関係を築くことができない傾向があります。他人に無関心であったり、他人を必要以上に警戒し過ぎてしまい、交流をしない場面もみられるでしょう。社会的交流があまりないという点は、自閉スペクトラム症(ASD)と似ているため、判断が難しいといわれています。

  • 感情の鈍麻

喜びや悲しみを表現しないなど、感情の表出が少ない傾向があります。また、他人からの声かけに対しても反応が乏しく、無反応であることが多いです。

  • 適応性が低い

新しい環境に適応することが難しい傾向があります。必要な社会的スキルや行動の柔軟性が欠如していることが原因です。周囲に対して無関心で、まわりを気にせず一人でもくもくと遊ぶなどの行動がみられます。

他にも「自己評価が低く人の言葉に傷つきやすい」「落ち込みやすい」なども特徴のひとつです。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは