「発達障がい専門」フリーペーパーが創刊から部数3倍!編集長が語る「当事者だからこそわかる」

凸凹村管理人

2019年に刊行された『日本公衆衛生雑誌』に掲載された「発達障がいに対する成人の認知および情報源に関する現状」という調査(2016年)によれば、発達障がいを「聞いたことがある」と回答した人の割合は91.5%に達しています。

発達障がいの認知度は極めて高いものの、その実態については学校やニュースで知る程度で深く理解していない人も多いのではないでしょうか。そんな中、発達障がいに特化したフリーペーパー『凸凹といろ。』があります。

発達障がいに特化したフリーペーパー

このフリーペーパーは2023年2月に創刊され、年4回刊行の季刊誌としてスタートしました。現在の発行部数は創刊時の約3倍にあたる6000部にまで増加しています。『凸凹といろ。』の企画、デザイン、編集を一手に引き受けているのは、大阪在住のフリーランスデザイナー“ゆーさん”(35歳)です。

人気を集めるまでの経緯について、編集長であるゆーさんにお話を伺いました。彼女が語る成功の秘訣は「当事者だからこそわかる」視点にありました。発達障がいに関する知識や経験を元に、読者の共感を得ることを目指した記事作りやデザインが功を奏したのです。

「自分も発達障がいを抱えているので、同じような悩みや困難を抱える人々に寄り添いたいという気持ちが強かった」と語るゆーさん。その思いが『凸凹といろ。』の人気を支え、広がっていると言えるでしょう。

発達障がいへの理解を深め、当事者やその家族に役立つ情報を提供する『凸凹といろ。』は、今後もさらなる成長が期待されます。

「典型的な発達障がいですね」と診断

そもそも、ゆーさん自身も発達障がいの当事者の一人です。彼女が最初に症状を自覚したのは20代の頃だったと言います。

「20代に入ってすぐ、頭が悪いわけじゃないと思うのに、なぜこんなに勉強ができないのだろう? なぜ人付き合いが上手くできないのだろう? と悩んでいました。一人暮らしをしていた時は、家の中がゴミ溜めのような状態でした」ほどなくして病院を受診し、発達障がいと診断されたのです。

「当時、mixiが流行っていて、日々の悲しい出来事や思いをいろいろと投稿していました。それを見たのか、発達障がいに関する広告がよく表示されるようになったんです。『朝起きられない』『人を怒らせてしまう』といった症状が書かれていて、病院に行ってみると『典型的な発達障がいですね』と言われました

フリーペーパーにしたのは「医療施設に置いてもらえるから」

『凸凹といろ。』発刊のきっかけは、2022年に自身が運営しているLINEのオープンチャットだったと言います。「オープンチャットで発達障がいのコミュニティを運営していて、そこに大阪で発達障がいカフェバーをオープンしたいという男性が現れました。同じ大阪でそういう居場所を作ってくれることが嬉しくて、仲間意識が芽生えました。しかし、『DDbugs』という店名でオープンして1か月ほど経った頃から、お客さんが来ない日が出てくるようになってしまいました。それで宣伝方法を考えたとき、自分が以前からやりたいと思っていたフリーペーパーの発行を思いついたんです」

フリーペーパーを選んだ理由として、ゆーさんは他にもこう述べています。「フリーペーパーなら、読み物や情報として人々に読んでもらえるし、設置場所もそのつもりで置いてくれるからです。通常のチラシでは絶対に入り込めないような、当事者が集まる自助会や関連のある医療施設などにも広告を設置できるのが大きな理由でした。医療施設では絶対に飲食店のチラシなんて置いてもらえませんから。そういった宣伝協力という意味でも、フリーペーパーという媒体は強いと思っていました」『凸凹といろ。』は、こうした背景と工夫から誕生し、広がっていったのです。

自身の経験が発刊の原動力に

『凸凹といろ。』は、発達障がいに対する知識を広めたいという強い思いから生まれました。その発刊には2か月の準備期間が費やされました。

「2号までは完全に自前でやっていました。取材や執筆依頼、デザインはもちろんのこと、設置のお願いや広告掲載の営業、冊子の発送作業も含めて全てです。それでも3号あたりから共感してくださる方が出てきて、校正などを手伝っていただけるようになりました。4号からは執筆などで関わってくださる方が増えてきましたね」

多様なコンテンツと共感の輪

『凸凹といろ。』の中身は当事者インタビュー、専門家の連載、体験レポート、コラムなど多岐にわたります。現在6号まで発刊されており、インタビュイーや記事執筆者の多くは発達障がい当事者です。「ありがたいのですが、中には急に連絡が取れなくなって、いなくなることもあります」と、ゆーさんは快活に笑います。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは