強度行動障がいで自立訓練に追い込まれ、知的障がいの息子が起こした”反乱”「頑張っているけど、もう…」

凸凹村管理人

3月初旬の昼下がり、長野県稲荷山養護学校(千曲市)の中学部3年の教室では、生徒たちが静かに給食を楽しんでいました。その中で、陽気な15歳の大井陽介さん(現在は高等部1年)が突然、両腕でリズムを取りながら「オーレー、オーレー、マツケンサンバ」と歌い出しました。担任の西川ひろみさん(45)は微笑みながら彼を見守っていました。

「中学部2年生の時まではイライラしてた」

陽介さんは自閉スペクトラム症と知的障がいを持っていますが、授業で踊ったことがきっかけで、「マツケンサンバ2」の陽気なメロディーが大好きになりました。また、お笑い芸人のコントや「笑点」といった演芸番組も彼のお気に入りで、家では宿題が終わった後に「ザ・ドリフターズ」の動画をよく見ています。陽介さんは常に明るい性格です。

しかし、そんな陽介さんも「中学部2年生の時まではイライラしてたよ」と振り返ります。それでも、今では彼の明るさがクラスに笑顔をもたらしています。

おとなしかった陽介さんが物を壊すように

大井陽介さんは10歳ぐらいまでおとなしく、大人に言われたことをきちんとこなす子どもでした。地元の小学校に入学し、特別支援学級に通いながら、順調に学習を進めていました。

しかし、5年生の頃、学校の学習で飯縄山に登り宿泊した際、無理がたたったのか、1カ月後に理科室の窓ガラスを割ってしまいました。その後、タブレット端末なども度々壊すようになり、朝、校門まで来ても近くの木にしがみつき、校内に入るのを拒むようになりました。

「毎日ビクビクしていた」

環境を変えるために、陽介さんは稲荷山養護学校に転校しました。登校はできるようになったものの、破壊行動は続きました。家ではテレビを1回、戸を2回壊し、中学部になる頃には母の光世さん(46)よりも体が大きくなっていました。

強度行動障がいの行動が出ていた陽介さんを止めようとしても、光世さんは物を投げ始めると手を出せない状況でした。「毎日ビクビクしていた」と光世さんは振り返ります。

強度行動障がいは医学的な診断名ではなく、生まれつきの障がいの特性と周囲の環境がうまく合わないことが原因で起きる二次障がいです。自傷や他害、窓ガラスを割るといった物を壊す行動が現れる状態を指します。

陽介さんは自宅や校舎から飛び出すこともあり、家では光世さんが常に目を離さないようにしていました。陽介さんはいつも眉間にしわを寄せ、にらみつけるような目をしていました。

母親にこぼした暴れる理由

2年ほど前のことです。陽介さんは学校から帰ってきて家で暴れた後、疲れ果ててソファに座っていました。一緒にいた母親の光世さんも疲れ果て、つい疑問が口をついて出ました。「どうして」。その問いかけに、陽介さんはぽつりと「僕、もう疲れちゃったよ」と答えました。「頑張っているけど、疲れるし、もう嫌なんだよ。それでイライラする」と続けました。

関連記事

  • 自閉症も多動性も「個性」であり「力」職場を進化させる「ニューロダイバーシティ」とは

  • 「適応障がい」になりやすい人の特徴とは?経験者が語る“壊れる寸前まで働いた結果”ついとってしまった行動とは