ヘルプマークってなに?支援・配慮が必要で希望する全ての人が貰えるもの

凸凹村管理人

ヘルプマークを身につける人は、様々な背景や状況を持った方々です。例えば、身体的な障がいや疾患を抱える方々、精神的な課題や障がいを抱える方々、高齢者や身体的な不自由を感じる方々、そして子どもや若者も含まれます。このように、ヘルプマークの使用者は多岐にわたります。本稿では、ヘルプマークの対象範囲や、実際の利用例、企業内での活用方法、そしてヘルプマークの取得手続きについて詳しく解説しています。安心して理解できる内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

ヘルプマークを身につける人

ヘルプマークを身につける人は、さまざまな背景や状況を持った方々です。一般的なヘルプマークの使用者の例を挙げると、以下のような方々が含まれます。

■身体的な障がいや疾患を持つ方々

車椅子利用者や視覚障害者、聴覚障害者など、外見からは直接的にはわからないが、日常生活に支援や配慮が必要な方々がいます。

■精神的な課題や障がいを抱える方々

うつ病や不安障害、自閉症スペクトラム障害など、精神的な困難を抱える方々もヘルプマークを利用することがあります。

■高齢者や身体的な不自由を感じる方々

高齢による動作の制限や体力の低下、または怪我や手術後の回復期間など、一時的な支援が必要な方々もいます。

■子どもや若者

発達障害や学習障害を持つ子どもたちや、若者の中にも、周囲に対してサポートや理解を求める場合があります。

このように、ヘルプマークの使用者は多岐にわたります。重要なのは、外見や特定の条件にとらわれず、自分が支援や配慮を必要と感じる場合に、自己申告してヘルプマークを利用することができるという点です。

社会の支援を受ける人々は多岐にわたる

ヘルプマークを利用して社会の支援を受ける人々は多岐にわたります。義足や人工関節を装着している人、妊娠初期の方、がんや難病などの病気に罹患している方、聴覚・言語・視覚の障がいを持つ方、また発達障がいや知的障がい、精神障がいを抱える方、さらにはパニック発作などの症状がある方まで、さまざまな背景を持った方々がヘルプマークを活用しています。

ヘルプマークの対象はこれらに限定されるものではない

ただし、ヘルプマークの対象はこれらに限定されるものではありません。本人が援助や配慮を必要と感じる場合は、自己申告によってヘルプマークを受け取り、身につけることができます。

ヘルプマークの対象範囲や、実際の利用例、企業内での活用方法、そしてヘルプマークの取得手続きについて詳しく解説しています。あなたがヘルプマークの対象になるのかどうかの確認から、実際に身につける方法やその効果まで、安心して理解できる内容です。ぜひ最後までご覧ください。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会