ポジティブ・オポジットとは?子どもの行動を変えるポジティブなアプローチ

凸凹村管理人

子供の行動変容を促す褒め方について、心理学者で遺伝学研究者のダニエル・ディック博士は興味深いアドバイスをしています。

彼によれば、子供への注目は「ごほうび」となるため、最も重要なことを優先し、困った行動には当面無視することが重要です。そして、子どもが困った行動をやめた時には、直ちにその良い行動を褒め、他のことはなかったかのように振る舞うことが良いそうです。

「ごほうび」を使うことが効果的

子犬の訓練と同じく、子どもによい行動を身につけさせるには、「ごほうび」を使うことが効果的です。親の最も力強いツールは「おしおき」ではなく、「ごほうび」なのです。良い行動を褒めることで、親が望む行動が子供にとって習慣となっていきます。

良い行動に目を向ける必要

悪い行動にフォーカスするのではなく、良い行動に目を向ける必要があります。親にとってもこれが楽しいはずです。ただし、この方法は正しく実践されなければうまく機能しません。もちろん、何を与えるかではなく、どのようにごほうびを与えるかが重要です。アイスクリームよりもiPhoneの方が良いとは言いませんが、ごほうびの方法は個々の子供に合わせて考える必要があります。

適切に与えられた時にのみ効果がある

クリニックでは、「子供を褒めたけれども、うまくいかなかった」という親がよく相談に来ます。実際、ごほうびは適切に与えられた時にのみ、子供の行動を変える効果があります。子供の行動を変えるためには、褒め方には基本原則があります。

①「良い行い」に焦点を当てる

良い行いを増やすための最初の要素は、「良い行いに注目すること」です。これは愚かなことのように聞こえるかもしれませんが、考えてみてください。子供が日常的にやるべきことを行っている場合、親はしばしば何も言わずにいます。

指示に従ったとき親は何も言わない

親は子供に歯を磨くように指示します。パジャマを着替えるように言います。お風呂に入るように促します。そして、子供がこれらの指示に従った時、親は通常、何も言いません。

親は日常的に子供が「やるべきことをやる」ことを期待しています。しかし、子供がバスタブで水をこぼしたり、パジャマを着ないで遊んだりすると、反応があります。

ポジティブな行動に焦点を当てることが重要

子供が良い行動を見せると、親は静かに喜びます。しかし、子供が問題行動を起こすと、親は注意を払い、対処します。

このサイクルを変えるためには、子供を悪い子だと捉えず、ポジティブな行動に焦点を当てることが重要です。そして、適切に褒めるための秘訣は、以下の4つです。

  • 熱意を込めて
  • 具体的に
  • その場で
  • 一貫性を持って

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会