障がいの種類ってどのくらいあるの?身体・知的・精神の3種類:精神障がい

凸凹村管理人

内閣府の「障がい者の状況」によると、1,000人あたり49人が精神障がいを抱えているとされており、その数は決して少なくありません。この統計は、精神障がいが我々の身近な存在であることを示しています。そのため、社会全体がこの問題に対処し、適切な支援や理解を提供することが重要です。

精神障がい

精神障がい者は、以下のように分類できます。

  • 統合失調症
  • 気分障がい
  • 非定型精神病
  • てんかん
  • 中毒精神病
  • 器質性精神障がい(高次脳機能障がいを含む)
  • 発達障がい

統合失調症の理解を深める

統合失調症は、幻覚や妄想などの症状が現れる疾患で、生活を著しく困難にすることがあります。その症状は以下の通りです。

統合失調症の症状

■陽性症状

  • 幻聴や自己批判の声が聞こえること
  • 現実と異なる信念を強く持つこと
  • 被害妄想にとりつかれること
  • 自己中心的な考え方

■陰性症状

  • 意欲の低下や興味の喪失
  • 疲労感や集中力の低下
  • 日常生活への関心の低下

これらの症状が現れると、統合失調症の人は考えをまとめるのが難しくなり、社会との関わり合いも困難になることがあります。

統合失調症の原因は完全には解明されていませんが、発症率は比較的高く、約100人に1人がこの疾患にかかると推定されています。

統合失調症の精神障がい者への配慮ポイント

  • 社会との接点を保つことが治療に役立つため、病気を理解し、その人が仕事に就くことを支援する。
  • ストレスや環境の変化に敏感なため、ストレスの少ない環境で同じ仕事を続けられるよう配慮する。
  • 情報の過剰な提示は混乱を招く可能性があるため、整理された情報をゆっくりと具体的に伝える。
  • 症状が悪化したときは無理をさせず、休憩を取ったり、速やかに主治医を受診するよう促す。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会