簡単なあいさつから手話を覚えてみませんか?

凸凹村管理人

手話は、手や身体の動き、表情、そして空間の利用によって情報を伝える言語です。音声言語と同様に、手話も文法や構文を持ち、豊かな表現力を持っています。手の形、位置、動き、そして表情の変化などが重要な役割を果たします。

また手話は表情も重要です。喜怒哀楽を意識して行うことでさらに相手に伝わりやすくなります

本記事で挨拶から気持ちを伝えるジェスチャーを学んでみましょう。

「挨拶」の手話

挨拶は人差し指を向き合わせて、曲げると「挨拶」という意味の手話になります。

こんにちは

二本の指を顔の前に持ってきた後、人差し指を向き合わせて曲げます。

こんばんは

手を顔の前で振った後、人差し指を向き合わせて曲げます。

おはよう

手を握り上から下に下ろした後、人差し指を向き合わせて曲げます。

気持ちを伝えてみよう

次は簡単な気持ちを伝えるジェスチャーです。

ありがとう

左手を横にして、右手でトンと叩くようにします。

関連記事

  • 身体障害者手帳の等級一覧│視覚障がい、聴覚または平衡機能の障がい者手帳の等級による支援サービスの重要性

  • 全盲の柔道家「右手で相手を読む」土屋美奈子選手の挑戦と成長 目指すはパラリンピック・パリ大会